「睡眠時間を削ってもなるべく眠らないでなんとかやり遂げたい!」

そう思って仕事にとことん取り組むことや

 

「休まないで夢中になっていることを続けたい!」

そう思うこともよくあるのではないでしょうか。

 

でも私はそんなとき

睡眠時間を削る方向で進めることをおすすめしません。

 

そのような状態で進めているときには

”疲れが気にならないような仕組みで頑張れる”状態になっているのですが

身体は機械ではないので、いつかどこかで帳尻合わせがきます。

 

いわば気力で持っている状態。

 

ドカン!と倒れて強制終了…

「休まないと身体が壊れます!」というサインがやってきますね。

よく身体って出来ているな、と思うくらい。

 

でも長時間眠ったつもりでも

目覚めのときにすでにぐったりしている方は

眠りの質が悪いのかもしれません。

 

 

サロンドクープでの施術を受けた夜は

眠りの質が上がって

 

 

 

ぐっすり休めた♡

翌朝の目覚めが違います!

頭や身体がスッキリ!

 

と好評です(*^^*)♡

ぜひ体験してみて下さい。

じっくりと吸い込まれるような睡眠にはかなわない。