リフレクソロジーのサロンなのに

どうしてモヤモヤしたお悩みにまで向き合うのか?

 

それはパッと見一瞬はどうして?と思うかもしれません。

 

サロンドクープのリフレクソロジーでは

足に触れ(ご希望のお客様により)お悩みを語りだすと身体自体とのお疲れ箇所との重なりがあったり

それによって何らかのひっかかることが浮き彫りになってきたり

長期的に向き合うと足と共に変化がわかってきたりします。

(休むことに集中するためにお越し頂くかたもいらっしゃいます)

 

足と向き合うことは心に触れること。

そして同時に身体全体も自分の力で調整されます。

 

サロンにお越しになるお客様は期待している「何か」

の課題と一緒にお越しになります。

 

それは、ご予約からご来店の日までにまた姿形を変えるので

経過をお聞かせいただいて

「いま」の私はそれをどうしたいかを

おうかがいします。

 

 

全くわからないときは、何かを知ることから。

詰まっている感じがするならば、まずは流すことから。

絡まっているならば整理をすることから。

 

 

その目的のために「いま出来ること」は色々あります。

同じ目的でも、今の状態によってどう目的地に向かうかも違ってきます。

 

それをいつも私は言葉を通じ足を通じ

考えています。

 

「いま出来ること」から取り組んでいきましょう。

 

「そのために今出来ること」があります。