暑い日が続くと、冷たい飲み物や食べ物を摂ることが多くなり、

それほど暑くなくても上下短めの洋服で長時間過ごしたり、

出掛け先で羽織るものがなく我慢したり…

無意識のうちに身体が冷えている、冷やしがちな方が少なくありません。

 

最近の体調で

だるさ、むくみ、

自律神経の乱れによる睡眠障害、イライラ、

生理不順や生理痛など気になることがあったら

 

冷えが不調に繋がっていることもあります。

 

夏に冷え??と驚かれる方が

実際お客様でもいらっしゃるのですが…

 

暑い時期でも、お腹や二の腕、太ももなど

脂肪の多い部分に触れてみて、

ひんやりしていたら冷えのサイン。

女性は脂肪が多いので、冷えがちになります。

 

夏でも全然汗をかくことがなくてむくみや冷えが辛いかたは、

汗腺自体が汗をかくことを忘れてしまっているかもしれませんね。

デトックスや余分な水分の排出が出来ず、

調整が上手く行かなくなってしまいます。

 

 

だるく疲れたな、と思っても

湯船に入ると余計に消耗しそうというときには、

足湯だけでもオススメです。

4D0A7204-1

ふくらはぎまで浸かるようにすると全身が温まりやすくなります。

 

じわりと汗をかくのを感じたら、

汗の始末をきちんとして身体が冷えないようにしましょう。

 

寝冷えの原因となる

寝ている間つけたままのエアコンや扇風機、

窓を開けたままもご注意です。

 

日常的に適度に身体を動かすことも、生活のどこかに取り入れると良いですね!

私はお庭仕事でしゃがみながらする運動が多く、

足腰を鍛えながら汗をかいています^^

床の雑巾がけもおすすめですよ~

 

・食べ物、飲み物で冷やし過ぎないようにする

・常温の水や温かい飲み物をちびちび補給する

・気温の調整に対応出来るように、羽織ものやストールなど持ち歩く

(長めのUV用のアームカバーも冷え対策にもいいですよ♪)

・肌の出過ぎる服装を避ける(足首、首、お腹を冷やさない)

・足湯でふくらはぎから温める

・汗の始末を忘れずに

・適度な運動をし、筋肉を使う

・寝ている間は、エアコン扇風機をつけたままにせず、

肌を出して冷やし過ぎず、厚い布団を掛けて温め過ぎず

 

中から、外から

気をつけてみましょう^^

 

サロンドクープのリフレクソロジーでは、

ふくらはぎまでしっかり温める足湯の後、

オイルを使ってふくらはぎから足裏まで

押し流したり、絞るように流すオイルリフレクソロジーがあり、

終わった後の軽さ、細さや色の変化で、

どのくらい冷えによるむくみや滞りがあったかを実感して頂けます(*^^*)♪

 

 

こちらもどうぞご参考に♪

夏こそ冷え易い??

Tagged on: